私の独り言ブログ
Amebaでも、ブログ書いてます。良かったら遊びに来て下さい♪
ごあいさつ
ご訪問ありがとうございます。 飽きっぽい私が、子供の頃からずーーーっと 好きな事は作る事。 下手なんだけど、作りたい! そんな欲求を満たすべく作っているパンやお菓子。 時々、縫物などもしています。 シングルママになってからは外でのお仕事もあって なかなか、大好きなオウチ時間を取れずにいますが 合間を縫って、ポツリポツリと手作りして 写真に残しています。(カメラも好きです!!) そんなブログですが、ぜひ仲良くしてください♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決別。新しい自分へ

今日は、長いお話しをしてみたいと思います。

すごく、重たい話なの。
元旦那の話。

今まで、ブログではほとんど触れてきませんでした。
触れられなかったと言うのが正しいかな~

思い出したくない事がいっぱいで、嫌な事全部、箱にしまって
鍵かけて、鎖でぐるぐる巻きにして、海の底へ
放り込んでました。

そうしないと、普通ではいられない。
元気になんてなれない。

でも、時々、ふっと思い出すんです。

そして、思うんです。

「いつまで、苦しむのかな・・・」と。

先日、シングルママさんのブログを拝見していて
その方がお友達に教えてもらったと言う
『詩』が、記事に書かれていました。

そのまま引用させてもいました

『人にされた嫌なこと
ゆるすなら それはもう 
永遠に自分の手から離れる
ゆるさないで 握りしめていると
いつまでも 自分にからみついてくる』


この詩を読んで、はっとしました。

もう、嫌な事全部吐き出して
その後は、許す努力をしながら生きていこうと。

すぐには無理かもしれないけど
いつか、許す事が出来たら・・・

とっても晴れやかな気持ちで生きていける気がする。
すごく楽しい毎日になるような気がする。


来年に持ち越したくないので、年内に嫌な事、吐き出して、
来年からは今より、もっと、もっと前向きに生きて行きたいな~
と思いました。

この後に、今までしまってきた事を書きたいと思います。
すごく、ブルーな話です。
スルーしてくださって全然かまいませんからね!!



元々、旦那は怒りっぽい人(今で言うキレやすい人)でした。

若い頃、私がまだ10代の時に知り合いました。
7つ年上の旦那が大人に見えて、ちょっと怖い所も
幼い私は格好いいと勘違いしていました。


1号が5歳、2号が2歳の時に、仕事の都合で
東京から、東北の方へ引越しました。


東京にいた頃は仕事が忙しいと言い、ほとんど家に帰って来ませんでした。


小さい子供を2人抱えながら、すでに母子家庭のような感じでした。
たまにいても、寝ているばかりで一切、家事育児には無関心な人でした。


1号が熱を出している時、病院に行きたいから2号を見ていて欲しいと
頼んでも、ダメです。

雨の中、熱のある1号と赤ちゃんの2号を連れて、自転車で病院に行きました
(タクシーなんて、贅沢だと言われていたので)
そんな事は、しょっちゅうで当たり前になっていたので
子供は2人の子供と言うより
『私だけの子供』になっていました。


その頃、旦那は旦那の実兄が経営している会社(飲食関係)で働いていましたが
実兄が借金をたくさん抱えて、経営が思わしくなくなり
その頃所有していたお店を二人で半分に分けて、旦那は東北の方へ
行けと言われ、引越しとなったのです。


今までほとんど家に帰らなかった旦那が、毎日家にいます。

自分が経営者なのだから、
「店に出る事はない。家で、頭を使う仕事をしているからいいんだ。」
と言って、毎日、毎日、家に居ます。

何をしているかと言えば、明け方までパソコンで
ゲームをしたり、ネットサーフィンをしたり、DVDを見たり・・・

昼間は、ご飯とトイレ以外寝ています。

深夜1時頃に店の従業員を連れて来ては
『飯を作れ、パンを焼いてやれ、デザートも作れ、風呂を沸かせ』と、命令します。

週に3日は連れて来ます。
そして、明け方4時、5時まで一緒に起きていなければなりません。

私は1号を幼稚園に送って行ったり、日中2号の面倒を見なくてはなりません。
家事もやらなければなりません。

私はふらふらで、良く体調を崩し病院に行きました。
病院でも座っていられない状態で、ベッドで、点滴を受けなければ
家に帰れないなんて事、良くありました。



でも旦那は日中、寝てばかりです。


そして、1年が過ぎ
私にも幼稚園のママ友達が出来たりして、少しは
発散できる場所が出来ました。


でも、旦那は
「メールなんかするな!バカじゃないのか!」

「友達と出掛けるな!そんな暇があるなら、俺の面倒を見ろ!」

と、怒ります。

私は毎日、びくびくと過ごします。
いつ、怒り出すか分からない不安でいっぱいです。


私の表情はひどかった・・・
当時の写真を見てみたら、憔悴しきって笑顔なんてちっともない。


これは、本当の私じゃないよ、
私は人が好きだし、もっと元気で華やかなのが好きだよ。



だんだん、自分の本当の心に気が付き始めました


旦那は怒ると暴力をふるいます。


「もう、やめて、ごめんなさい」と言って、うずくまっていても、蹴り続けます。

私は、そんな時とても悲しいです。

自分だけの痛みは耐えられる。

でも、私を産んで育ててくれた両親が知ったら・・・?
どれだけ悲しむか?

それを考えると、もう耐えられない。
心が、どうにかなりそうで、普通でいられない。


こんな目に合う為に私、生まれてきたんじゃない。


旦那に言いました。

「暴力だけはやめて」と言いました。

返ってきた言葉は

『お前はバカだから、暴力を受けてもいい人間なんだ』
でした。

離れたい離れたい離れたいと、思い続けました。


でも、言う事を聞いていないと暴力を受けるので
怖くて逃げ出す事もで来ませんでした。


経済的に自立するのも、難しいと思っていましたし
子供から、父親を奪うのも可哀想だと考えていました。


何とか理由をつけて、せめて別居できないかと思い
関東に戻る理由を考え続けました。


2号が幼稚園の年長に上がる前の年、思いきって
切り出しました。

「こちらの仕事が、一段落したら、東京に戻るって言っていたよね?
2号はちょっと性格的に順応性がないし、もしこのまま
小学校に上がって、その途中で引越しなんてなったら
難しいと思うんだよね・・・」
と・・・


実は2号が幼稚園の年少から年中に上がる時、
仲良しの子とクラスが分かれ、今まで元気だった2号が
登園拒否を起こして、いつも指しゃぶりをするようになったのです。


その、モジモジした態度が気に入らないと
当時の幼稚園の先生に怒られ、
思いっきり、手を引っ張られて、引きずられ
足に怪我をして帰って来たことがありました。


私は2号の様子が心配だったのに、先生にまでそんな事をされ
本当に、悩みました。
でも、旦那に話したら
「そんな、めんどくせー話、してくるな!」
又、怒られました。


結局、幼稚園の方に担任のしたことを話し
謝罪してもらい、その事は終わりましたが・・・


そんな旦那ですが、女の子の2号は可愛いらしく
2号が大変だから・・・冬は凍りついた道を長い時間歩かないと
学校にも行けないし・・・と必死で説得しました。


そして、私は別居できる事になったのです。


旦那は私の気持ちが離れてる事なんて気が付いてもいません。
人の気持ちなんて、何にも分からない人だから。

晴れて、別居。

単身赴任状態。

なんて、幸せなの!!


でも、離れて暮らし始め旦那は焦っていたみたいです。

もう一人子供を・・・と言い出しました。

私が逃げないように。

私には、そうとしか考えられませんでした。


拒否しても、無駄です。
そんな事でさえ、言う事を聞かなければ
暴力で、思い通りにします。
 
ストーカーのようです。

私の携帯に1日何度も電話がかかってきますし、
出られない時もあるのに、すぐに折り返し
連絡しないと、物凄く怒ります。

二言目には
「金をやってるんだから言う事を聞け!」でした。


月に1度しか帰って来ないんだから我慢しなくちゃ・・・自分に言い聞かせました。



でも、そんな矢先、3号がお腹にいることが分かりました。


新しい命はとっても嬉しい。

でも、旦那は憎い。

どんどん、そんな気持ちが強まります。


赤ちゃんが生まれても、旦那はすぐに帰ってきませんでした。
3ヶ月ぐらいして、やっと帰ってきた。

完全に、私だけの子供。


私だけの大事な子供達。



旦那への気持ちは、さらにさらに冷めていき
月に1度でも顔を合わせるのも苦痛・・・


そんな態度を感じ取ってか、大声出して
怒鳴りつけ、脅します。

「金をやらないぞ!!
3号も、保育園にやって
お前ら4人でひもじい暮らしをすればいい!!」


私は一言

「そうするよ」

と言いました。

旦那は

「養育費なんて一切やらないからな!
裁判でも何でも起こしてみろ!
泥沼にしてやるからな!!」


と捨て台詞を吐きました。



養育費がないのは痛いですが、あの人は払うような人ではありませんから・・・


会社で、借金を作ったけど、全く払わず裁判所に呼ばれても
それでも払わず・・・
とにかく、常識が通用しないのです。


他にも家庭を持っていましたし、それを当たり前だとも言っていました。


離れられるだけで良いと思いました。


以前のマンションは旦那が鍵も持っていたし
いつ、押しかけられるかと不安はあったのですが
1号が、あと少しで小学校卒業だったので、卒業を待って
今の所で、両親と暮らし始めました。

それが、今年の4月。

ここの住所は旦那には教えませんでした。


子供達は会いたくないと言いましたし、養育費ももらっていないし
何より、どんな事をされるか怖くて仕方がありませんでしたから。


でもね・・・


今年の9月に旦那が2号の小学校の前で
待ち伏せをしていたんです。


仕事から帰ってみると慌てて2号が玄関に来て
「ママ、パパがいたんだよ!!車で待ち伏せてたんだよ
そして、パパはお金をいっぱい持ってるって言うんだよ
パパの方のおじいちゃんもいて世の中、お金だから!って、言うんだよ!」
って・・・・

頭の中が真っ白になりました。

でも、冷静に2号に
「お金は大事だけど、お金がすべてじゃないよ
今、こうやって毎日ご飯が食べられるだけで幸せだよ
2号はパパに会いたいの?」

と聞きました。

「会いたくない!待ってられると怖い」

「じゃあ、ママが仕事が終わったら学校へ迎えに行くから
それまで、学校で遊んでいてね。」


と言い、心臓はドキドキしていましたが子供には
そんな態度見せられないと思い、なるべく普通に過ごしました。


でも・・・住所や学校、どうして分かったの?


多分、興信所にでも頼んだか、アイツ。


そんな金があるなら、養育費払え!


子供の服でも買ってやれ!


本当に憎くて、憎くて・・・・


こんな事、人として思ってはいけないけど
事故でも起こして死んでくれ!とまで
思ってしまいました。


そして、ここまで人を憎んでいる自分の事が
嫌になり、悲しくなり、やりきれない気持ちでいっぱいになりました。


その後、又待ち伏せしていたらしいけど
家の父が仕事に行く時に偶然出くわしたらしく
父が
「待ってるのは止めてくれ、子供に会いたければ
私の方に連絡して下さい。そしたらどこかで会うようにしますから。
私と子供達とで会いに行きますから。」
と言ったそうです

そしたら
「分かりました」と言っていたらしい・・・


私と、2号は待ち伏せされてるのではないかと
気が気でない日々ではありますが、少し落ちついています。



すごく長く書いてしまいました。

でも、もうこれで旦那の事は書かないと思います。

これを書いてる間も思い出して涙が出た。




でも、もう後は許そうと思う。

許して、私も楽になりたいよ。

絶対に幸せになってやる。

何があっても負けない。

負けたくない。

まだまだ、人間として未熟な私だけど
最後は素敵は人になろう。


こんな、文章読んでくれた方、


ありがとうございます。
そして、ごめんなさい。

今度は、楽しい話にするからね!









スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おはよう!

 きっとこの記事の何倍も何百倍もmonちゃんは苦しんだんだろうね・・・頑張ったね!
 そしてこれから許そうとしている気持ち・・・エライと思います。私には・・・・できるかな???
 一生からみつく・・・・・そうだよね・・・分かる気がしました。
その許そうという気持ちだけで、ひとつ大きな壁乗り越えてると思います。
 会った事ないけど、monちゃんは絶対素敵な人だと確信できます^^v
 自信持って楽しい毎日を過ごせますようにv-343

決心できてよかったね。

うちは共働きで二世帯住宅のローンを払いながらも、私が働く事を罵倒され、家事協力は無しでした。ついには生活費を入れなくなり、キャンピングカーまで買い私の給料で生活費を賄い、暴力や脅しもありました。そんな生活からは脱出するべきと思う。
あ、うちはね未だ夫が「許すということ」なんて本を持って来たよ。呆れたわ(--;)。
選んだ道を信じて、幸せになろうね。

monちゃん、辛い思い出をシェアしてくれてありがとう。
そして辛いことから、抱き続けてきた憎しみから自分を開放したいという気持ち・・・わかるような気がします。
これまで心身ともに苦痛を背負ってきて、「許す」という気持ちに至るまで、大変だったと思う・・・。
でも、前進していかなくちゃいけないよね。
新しい自分と子供たちのためにも、monちゃんの選んだステップは幸せのステップだと思う。
 
monちゃんは幸せにならなくちゃいけないよ。
子供たちも。
みんな幸せになるために生まれてきたんだもの。

monちゃんは十分に素敵な人だよ!
心からそう思う。

そして、心から幸せになってほしいと願っています☆

鍵コメさんへ

色々、心配かけちゃってごめんなさい
別便でお返事書かせてもらいました☆

ラムちゃんへ

ありがとう~~~♪
一緒に過ごさなければならなかった時は
すごく痩せてしまっていたけど
今は、大きく成長してるので、心も
元気を取り戻せていると思います!!
これから、もっともっと元気な心になるよ~

バンビさんへ

うんうん、そんなひどい事、あってはならないよ!
チビバンビちゃんと2人で、これからも
頑張ってね!!
バンビさんは、まだ、ご主人と顔を合わさなくてはならない事も、あって、嫌な気持ちになる事も
多いかもしれないけど、選んだ道は間違ってない。
明るく、元気に幸せになろ~ね♪

クリスタルさんへ

とっても元気になれるコメントを
ありがとうございます!!

記事にする事は、勇気がいりましたが
書いてよかったのかな。
ブログと言う場で、こんな私的な事を
しかも、楽しくない事を書いてしまって
申し訳ないという気持ちもありましたが
もう、引きずっている事に、自分でも嫌気がさしていたので
区切りとして書かせてもらいました。
これで、気持ちがさっぱりしました。
「もう、許してやる!」と言う大きな気持ちを
持って生きていけそうです!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

そっか~

いろいろ大変だったんだね・・
こう言ったら悪いけど、元旦那さん、ひどいね・・
別れて正解って、ホントに思うよ!!

私とは、ぜんぜん違う理由だけど、
離婚するっていう決断をしたことは同じだね!
まったく後悔してないよね?私は、ぜんぜんだよw

なんだかんだ、まだまだ、ゆるせないと思うけど、なるべく、前向きに、発想を転換しながら、がんばろう♪

離婚したことが、幸せへの第1歩だよ!
来年はきっと、いいこといっぱいだよー

2008/12/26 03:43 の鍵コメさんへ

ありがとうございます。
別便でお返事書かせてもらいました☆

2008/12/26 15:20 の鍵コメさんへ

温かいお言葉、心にしみます。
別便でお返事書かせてもらいました。

KeKeさんへ

KeKeさんの所を訪問して
あの詩を読んでいなかったら、ずっと許そうなんて考えられず、もやもやとした気持ちを
引きずっていたかもしれません。
皆、頑張ってると思うと、私も元気が出てきます
もちろん後悔なんてしていないし
むしろ幸せに向かってると思ってます♪
お互いに、辛い事を忘れて、頑張りましょうね!!
プロフィール

mon

Author:mon
★子供達★
1号 男子13歳(すっとぼけ兄ちゃん)
2号 女子11歳(難しいお年頃の姉ちゃん)
3号 女子5歳(半分人間、半分怪獣)
★私★
ノーテンキ母ちゃん。
実はシングルマザーだったりする。
趣味は物作り。
チョコとクッキーとスコーンと
福山雅治が好き。

★★★いちご味★★★
↑↑↑monのつぶやきブログです
覗いてみてね♪

コメントありがとうございます
ランキング
お買い物なら

楽天市場

パン、お菓子材料のお店

「ママの手作りパン屋さん」

製菓製パン型道具

馬嶋屋菓子道具店

パンお菓子の道具キッチン雑貨

「自由が丘 WING」

世界と日本の食材

プロフーズ

素敵な雑貨があります

angers(アンジェ)

ガーリーな物がいっぱい
お友達のブログです♪
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログの中で探し物☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。